就職セミナー時の服装と良い企業の見分け方

就職セミナー時の服装と良い企業の見分け方

 

多くの企業では、就職セミナーに参加する時の服装は何でもいいことになっていますが、

どうすることが適切なのてしょう。

就職セミナーに来ている人の服装を見てみると、ほぼ全員がスーツで来ています。

スーツを着て就職セミナーに行かなければいけないという決まりはないはずなのに、

大抵の人がスーツで行くのは、なぜでしょう。

スーツで参加する人が多いのは、就職セミナーといっても、

就職活動とほぼ同じ意味合いで開催されている面があるからです。

採用希望者を迎える側の会社の人達もスーツを着ていますので、

参加する側もスーツで行くことが当たり前と解釈されています。

具体的には、黒のリクルートスーツを着用して、

就職セミナーに行くという人がほとんどです。

スーツの色は黒だけではなく、黒や濃い灰色の人もいますが、

いずれも共通していることは、リクルートスーツで参加することです。

その他の服装で気を付けるべき点では、中のシャツは白が基本であり、

ボタンは一番上までしっかりと留めるようにしましょう。

靴や靴下といったスーツ以外の着用品も黒にして、

眼鏡も黒っぽい色にしておくといいでしょう。

どうしてもスーツ以外での服装となった場合には、

ラフすぎる格好にならないように注意しましょう。

ジャケットやシャツを中心にして、カジュアルになりすぎない、服装を意識してください。

就職セミナーは、採用試験に直接結びつくものではありませんが、

人事担当者に見られているということもまた事実です。

f:id:iida_iida2:20210608153702j:plain

働ける場所を探しているけれど、より効率のいい探し方はないか知りたいという人がいます。

仕事をしてから、こんなはずじゃなかったと後悔するようなことには

なりたくないと思っている人もいます。

そんな時は、ネットで会社の情報を上手く探してみる方法もあります。

この頃は、求人情報を手軽に探すことができる、求人情報サイトが、

たくさん登場しています。求人サイトに並んでいる情報では、

ぼんやりと名前だけは知っている会社もあれば、

さっぱり聞いたことがないような会社もあります。

数ある求人情報の中には、どんな仕事を求められるのかが

さっぱりわからないようなものもあります。

サイトに掲載されている情報の中でも、注意深く目を通さなければ、

思いがけない内容が含まれている可能性があります。

ブラック企業の求人が、ワリのいい求人の間にさらりと紛れ込んでいることがありますので、

大手サイトでも油断はできません。

ブラック企業かも知れないと不安な場合には、

ネットでその企業の口コミ情報を検索してみるのが良いでしょう。

最近では、マイナー企業でもネットで検索をかけると、その企業で働いていた人や、

求人募集に応募をした人の体験談を聞くことができます。

もしも、入社して働き初めてから、そこがブラック企業であることに気がついても、

その時にはもう対処がしづらくなっています。企業を選ぶ時に、ネットで調べておけば、

そこがブラッグ企業であることに気づけたかもしれません。

無駄な職歴を増やすまえに、対策を立てておきましょう。

求人情報の見つけ方

求人情報の見つけ方

 

転職先を見つけるために大事なことは、求人情報をどんな手段で入手するかということです。

最近では、求人情報の探し方はいくつもあります。

探し方ごとの特性を把握しておくことで、自分に合う仕事の探し方がどれかがわかります。

ハローワークに行って求人票を閲覧することは昔からある方法ですが、

今はパソコン画面で簡単に検索できるようになっています。

求人情報誌を無料でもらってくるという方法や、

新聞の広告欄に掲載されている求人を見るという方法も昔ながらです。

インターネットの普及にともなって、今の主流は求人情報サイトで

検索するという方法となっています。

ネットで求人情報を検索する方法ならば、インターネットに接続できる

端末さえ持っていれば、いつでも、どこからでも、求人チェックができます。

時間を無駄にしないためには、膨大な数の求人を一つ一見ていくのではなく、

ある程度絞り込んでから目を通す必要があります。

転職活動を成功させるためには、豊富な求人の中から、

自分の希望に沿う仕事をどうやってピックアップするかです。

新聞折込や求人情報誌などの紙媒体による求人情報では、

なかなか効率よく仕事を探すことはできないものです。

検索システムがあるインターネットなら、膨大な求人情報を絞り込んで、

特定の仕事や、待遇のものだけを割り出すことが可能です。求人情報サイトでは、

探している仕事の条件を登録しておくことで、条件に見合った仕事があれば、

メールで知らせてくれる機能もまります。

最近の就職支援サイトでは、ただ求人情報を掲示するだけでなく、

色々な便利機能が備わっているところが多いので、積極的に使ってみるといいでしょう。

f:id:iida_iida2:20210608154530j:plain

仕事探しで大事なことは、どんな方法で求人情報を収拾し、

自分の希望している求人を探し出すかです。

仕事探しをする時にまず思い浮かぶのが、インターネット上にある求人サイトです。

就職支援会社が開設している求人サイトがほとんどであり、

どんな情報が載っているかも様々です。

求人情報を得る手段としては、ネットを使う方法以外には、

フリーペーパーや新聞の求人欄を見たり、求人情報誌を入手するなどがあります。

パソコンや、スマフォでネットにアクセスできれば、真夜中でも外出先でも、

求人情報を閲覧することができます。

ネットを使って仕事を探す利点は、企業情報や、交通手段などもっと詳しく知りたい時に、

そのまま調べ物をすることができるということです。

公共職業安定所は無料で仕事探しに関するサポートをしてもらえる機関であり、

めぼしい求人を選び、相手企業への応募をしてもらうことができます。

仕事探しだけでなく、履歴書や職務経歴書の書き方など、

すべて無料でアドバイスしてくれるので、利用しない手はありません。

定期的に就職セミナーが開催されていたり、模擬面接をしてもらえるところもありますので、

しっかりと予行訓練をしておけるでしょう。

コンビニや、街頭に設置されている、フリーの求人情報ペーパーは、

近隣地域の求人情報が重点的に記載されていますので、

この近くて働きたいと考えているような人におすすめです。

企業が運営する就職支援のシステムを利用することで、無料で就職相談に乗ってもらえたり、

条件に合う求人を紹介してもらえるなどします。

世の中には、色々な求人があふれかえっていますか、それらの求人を、

どういうやり方で探し出し、選び出せるかが重要になります。

 

派遣社員の可能性

派遣社員の可能性

 

近年では、雇用の形態にはさまざまなものが登場しています。

正規雇用の割合も上がり、派遣で働く人もふえています。

一口に派遣といっても仕事のスタイルは多種多様で、長期雇用で仕事をしている人もいれば、

スポット的に働く人もいます。

就業時間や休日についても各種用意されているので、

自分の生活に合わせてぴったりの仕事を探すのに非常に役立ちます。

自営業の手伝いや、農業などをしている人は、特定の季節だけがめまぐるしいほど多忙で、

反面、仕事がない時もあります。

自分の仕事の無い閑散期には、短期契約の派遣社員として働くことができます。

収入が減った時だけ派遣の仕事をして、

もとの仕事が忙しくなったらそっちに戻るというサイクルは合理的です。

しかし、本業の手があいている時だけは派遣として働きたいと思っても、

なかなかそううまくはいきません。派遣紹介業を営んでいる会社がいくつかありますので、

そこに登録して、どんな働き方をしたいのかを伝えておきます。

こちらの希望に合わせて、派遣先の会社に休日や期間の交渉をしてくれる場合もあります。

派遣企業は、登録者の代わりに働き口を見つけてきてくれますので、

仕事探しにかかる手間を省くことができます。

会社の方も、特定の期間だけ仕事をしてくれる人材を採用するのも手間がかかるので、

派遣会社を利用するメリットがあります。

もしも派遣の仕事を始めた時は、契約期間が終わるまできちんと働くことです。

働き方がよければ、継続雇用の可能性も出てくるでしょう。

f:id:iida_iida2:20210608154957j:plain

最近は、転職先や、新しい職場を求めている人の中には、

正規雇用ではなく、派遣社員として働こうとしているような人もいます。

家事や子育てなど、優先したいことがあるから、フルタイムではなく、

パートタイムで仕事をしたいと思っている人もいます。

仕事を探すに至る動機は人によって違いますが、派遣として

働くというスタイルを選ぶ人も少なくありません。

派遣の求人が掲載されている求人情報誌も、この頃は珍しくなくなっています。

一般の社員で働くより、派遣の仕事の方が、時給が高いことで人気があります。

今後の見通しが立っていなかったり、一つの場所に留まることができないなどの理由で、

当面は派遣で仕事をしたいという人もいます。

最初は一時的な派遣社員のつもりでも、歳月を重ねるにつれ正社員になることもあります。

会社によっては、当初は派遣として採用した人でも、

能力の高さや真面目さを買えば、もっと長く働いて欲しいと思うようです。

反対に、派遣としての仕事も満足にできていないような状態が続くと、

会社が派遣会社に抗議をしたり、契約を打ち切られてしまうことがあります。

正社員として働き始めたのに、ものの3年とたたず退職するという人も、珍しくありません。

採用する会社にとっても、派遣社員として働いている人の中から良い人材を選んだ方が、

より確実で効率の良い採用方法でもあります。

転職した時に正社員になりたいと思っていても、状況によってはいきなり正社員より、

派遣社員のほうが可能性が開けるということもあります。

中高年の転職

中高年の転職

 

転職が難しい中高年に対しては、色々な就職支援がされているようです。

現在に至るまで、中高年は職場で働いてきたわけですから、

その年月分の経験を積んでおり、相応のスキルや実績を持っているものです。

最近は、転職を希望する人も多くなっていて、

企業としても実績や経験を積んでいる人を採用して即戦力にしたいと考えています。

今まで自分が伸ばしてきたスキルや能力を生かしたいという求職者と、

すぐにでも第一線で活躍して欲しい企業の方向性か合えば、話は簡単です。

中高年の転職の場合、これまで培ってきた実績が全く活かせないような

未知のジャンルに挑戦しなければならないこともあります。

経験や知識のある中高年の人であっても、新しい職場で仕事を開始するときには、

前向きに取り組む姿勢に必要になってきます。

中高年の転職は難しいと言われていますが、新しい仕事に対しても取り組む姿勢

があるかどうかで、就職できるかも左右されるものです。

中高年で仕事を探している人を対象にして、求人サイトを開設したり、

ハローワークの相談窓口があることもあります。

中高年への転職支援と、新卒者や若者を対象にした就職支援とでは、

どのようにサポートをするかが違います。

f:id:iida_iida2:20210608152548j:plain

中高年にはマネジメントスキルや、人材育成スキルが求められることもあり、

管理職をしていた人を採用したい企業もあります。

既に定年退職をして一線を引いている人に、再び企業で働いてもらうために

求人を出している会社もあり、勤務時間の短縮などで採用しやすい環境をつくっています。

高齢化社会の到来とともに、中高年の人が仕事をしやすいように職場環境を

整えている企業は増加傾向にあります。

中高年の転職は、若い時の転職と違って求人数が少なく、

なかなか就職先が決まらないことがあります。様々な事情があって転職を

する人は少なくないですが、20代、30代のうちなら、求人は比較的たくさん出ています。

その反面、中高年を採用したいという企業は少ないため、

勤め口を探しても見つからないという人もいます。

人材募集をする会社はここ数年、増加傾向にありますが、多いのはやはり若い人の採用です。

即戦力になるような知識や資格を持っている中高年をあてにしているという会社もあります。

中高年の転職活動では、効率の良い仕事探しをすることで、

適した仕事を見つけることが可能になります。

もしも、中高年で転職活動をしたいと思ったなら、まずはハローワークに登録をして、

仕事探しをしましょう。

求人票の閲覧はパソコンや掲示物などからも可能ですが、うまく見つけられない時は、

窓口で相談して探してもらってもいいでしょう。

パソコンを使って求人情報を検索することで、年齢や、実務経験、勤務地、

資格などの条件に基づき、自分に合う求人の抽出作業が可能になります。

全国の職業安定所で登録された求人情報が、毎日更新されいてるので、

こまめに通って仕事探しをすることも良い方法です。

最近は、ネットを使った転職活動も活発になっています。

就職情報サイトでは、中高年を募集しているような求人情報を数多く見ることが可能です。

自分の経験や資格を登録しておくことで、

条件に合った仕事があればメールで案内してくれる便利なサービスもあるので、

登録しておくことをおすすめします。

女性の転職活動

女性の転職活動

 

今の職場から、別の新しい職場へと転職したいという女性がもしいたら、

転職サイトにアクセスするといいでしょう。

転職活動に役立つ情報が数多く載っているサイトはたくさんありますが、

特に女性用の転職サイトが適しています。同じ転職サイトでも、

汎用的な情報が載っているところから、女性に役立つ情報が載っているところまであります。

絶対的な情報量は、普通の転職サイトより少なくなりますが、

その分、女性にとって使いやすいサイトになっています。

戦力として女性に働いてほしいと思っている会社や、

女性ならではの能力を生かしてほしい会社、

産休や育休が充実している会社の求人があります。

カレンダーどおりの祝日が欲しいという女性や、

長時間の残業は難しいという女性もいるでしょう。

子供を育てながら仕事を続けていきたい女性は、有給のとりやすさや、

育休、産休のシステムも欠かせません。

女性用の求人サイトは、女性の立場から見た時の求人情報が揃っているため、

仕事探しが容易です。今すぐに転職をしたいわけではないけれど、

転職をするか検討したいという場合は、求人サイトを見てみるといいでしょう。

現状を知ることで、自分の行動を検討しやすくなりますので、転職活動を開始するか、

今の仕事を続けるかを判断する根拠になるでしょう。

求人サイトは、求人の閲覧だけでなく応募もできますので、

転職活動をしようと決めた瞬間に、次の行動へと移ることが簡単にできます。

現在、どういった求人が出ているのか、女性の転職環境はどのようになっているのか、

転職サイトから把握することができます。

f:id:iida_iida2:20210608110226j:plain

一般的に、女性が転職活動に取り組む際には、

男性以上に年齢の問題がクローズアップされます。

もちろん職種によって採用のポイントは変わってきますが、

年齢が重視されるのは多くの職種で同じことが言えます。

転職を志した年齢が二十歳代なら、どの業種でも見込みはあります。

20代のころは、つきたい仕事の求人を探すことも可能ですが、

30代、40代と進むにつれて仕事探しは困難になります。

契約社員や、パートタイマーで働きたい場合はまだ仕事が見つかりますが、

正社員として働けるところはわずかしかありません。

特に女性の場合、30歳前後が最も結婚や出産などのライフイベントが

発生しやすい時期であり、仕事を任せることが難しくなるのです。

社会に出て働きたいけれど、家族のことも大事にしたいという考えもあると、

女性の働ける職場はどうしても限られます。

接客販売業などでは顧客の層に合ったスタッフを必要とするので、

経験があったとしても、採用されにくくなってしまいます。

ある程度年齢を重ねてから介護の仕事を希望したとしても、体力を使う仕事で、

夜勤も多いことから、若い人が多く採用されています。

結婚や、出産の機会が多い年齢にさしかかると、女性の転職活動は厳しくなりますので、

早くから先を見据えた職探しをしましょう。

企業の中には、女性の働きやすさを配慮しているところもあれば、

全く気にしていないところもあります。

最近は、結婚したからといって仕事を辞めるという女性はむしろ減る傾向にありますので、

女性でも生き生きと働ける会社を見つけることです。

短期仕事の探し方

短期仕事の探し方

 

この頃は、多くの人がインターネットの求人サイトに登録をして、

求人情報をチェックしています。

短期の仕事は日にちが最初から決まっているため、

どうにかして効率的に情報を収集する必要が出てきます。

必要としている短期の仕事をピンポイントで探し出すのは、意外に大変なことです。

正規雇用で採用された場合は、仕事をやめたいと思っても、

思い立った時にぱっとやめることは不可能です。

何らかの理由で短期間だけの仕事を希望していても、単発で短期の求人は

そう簡単には見つからないため、望むような働き方ができないことがあります。

短期間の仕事を、自分の生活や都合に合わせて選ぶという働き方は、

ネットにアクセスしやすくなったことから、珍しくなくなっています。

短期の仕事という性質上仕方のないことですが、最初に決まった帰還の仕事が終われば、

その会社との縁もこれっきりです。

しばらくしてかに、また短期で働く必要が出てきたら、

再び求人を探すところから始めなければいけないので、煩雑です。

短期の仕事につくために、派遣会社を利用するというやり方もあります。

派遣会社では、希望の仕事内容や、働き方を登録することで、

その人に合う短期の仕事を仲介してもらえます。

短期で働いて欲しい仕事がある会社と、派遣会社は契約を交わしており、

幾つもの仕事をあっせんしてもらえます。派遣会社に登録して、

短期の仕事を紹介してもらう形をとることで、速やかに次の仕事を探し出すことが可能です。

短期の仕事を探す方法は幾つかありますが、そのうちの1つに求人サイトの利用があります。

働きたいと思っているけれど、正社員として働くのではなく、

限られた期間内だけ働きたいという人もいるようです。

婚姻によって家庭を持ち、自分で子供を育てるようになると、

習い事や塾に行かせたりするにはお金がかかります。

毎月の給料が少なければ、生活費だけで精一杯となり、ローンの返済や教育費が足りなく、

やりくりが大変になります。

f:id:iida_iida2:20210608140057j:plain

財布の中に生活できるだけのお金が入っていない状態では、子供は泣くばかりで、

飲酒量はますますふえていきます。

子育てにふさわしい状況をつくるために資金を必要としているものの、

昇給の見込みは立たないし、見通しが暗いと困っているような人もいるようです。

現在の仕事だけでは収入がどうしても不足していると感じている人は、

短期間の仕事をプラスしてみてはどうでしょう。

短期の仕事の種類は多く、家計をちょっと底上げすることができますので、

余裕のある暮らしができます。

限られた期間だけ働きたいという場合でも、短期の仕事を受けることによって、

働きやすい環境を得ることが可能です。

インターネット上にはたくさんの求人サイトがあり、

短期のアルバイトも数多く掲載されています。

求人サイトへの登録を済ませ時に、その日のうちに自分の希望に合う仕事が見つかれば、

希望が出せます。

休みの日や、深夜帯も率先して働くことで、短期の仕事でも、

1時間当たりの給料が高い仕事を探し出すことができます。

就職時の面接対応

就職時の面接対応

 

就職試験の面接では、担当者から質問はないか聞かれることがあります。

もちろん、その会社が第1志望であるなら、さまざまな疑問点が出てくるかもしれません。

ですが、第二、第三志望の会社の場合、聞きたいことと言われても、

何も考えつかないことがあります。

質問はないですかという質問からは、応募者が能動的な気持ちを

持っているかどうかを判断しようとしています。

的確な質問を出せる人であれば、企業側としても、

有用な人材だと判断されるかもしれません。

企業紹介や、会社の業務内容などの資料を見て、

その会社への理解を深めておくことが、いい質問をするポイントです。

もしも質問がないかと聞かれたら、その場になってから考えるのではなく、

あらかじめ質問の候補をあげておくことです。

仮に質問がまったく出てこないなら、面接官はそれほど会社に

就職したいという意志が無いのだと感じてしまいます。

質問の有無はと聞かれた場合に、矢継ぎ早に質問をしろといっているわけではありません。

本当は何も知りたいとは思っていないのに、強引な質問をしていると、

相手にバレてしまうでしょう。

面接の時は、要を得た質問をしっかり行えることで、

担当者にいい印象を持ってもらえることもあります。

受け答えをきちんとして、話の内容をメモするなどの傾聴の態度も示すといいでしょう。

f:id:iida_iida2:20210608131813j:plain

就職活動では、採用試験のどこかの時点で、ほぼ必ず面接を受けて、

突破しなくてはなりません。

緊張していつも通りの受け答えができないという心配もありますが、

まずは落ち着いて面接に臨むことが大切です。面接を受ける時には、

大抵の会社でチェックされているといわれることがいろいろとあります。

まずは、第一印象です。ぱっと見たときの服装、髪型、表情などを見られています。

初めて会う人に対しては、外見の印象が一番最初にその人について知る情報になるためです。

見た目といっても凡庸か美人かという問題ではなく、

社会人としてふさわしい身だしなみやマナーを持っているかです。

これから先一緒に仕事をしたいと思ってもらえるくらいの印象は、

面接で持ってもらいたいものです。どんな話し方をするかも大事です。

どんな話し方をする人なのかで、その人の内面が推測できるためです。

その人のキャラクターが、話し方でわかることもあります。

面接時には、面接官の手元には履歴書が置かれています。

履歴書に書かれている文字のきれいさでも印象が変わります。

きれいな字をかけていなくても、心をこめて書いた文字であれば、好感が持てるでしょう。

時間をかけて書いた履歴書だという印象が相手に与えられれば、

熱意の強さという印象を受けます。面接をする時の心配ごとは、

緊張の余り失敗するかもしれないということですが、面接では、

緊張はする人のほうが多いのではないでしょうか。

就職活動を無事にやり遂げるためには、緊張気味でも、

相手に聞かれたことに一つ一つ答えていくことが重要です。